特定非営利活動法人バイオミメティクス推進協議会

参考図書

「生き物から学ぶまちづくり -バイオミメティックスによる都市の生活習慣病対策-

 

 都市を生き物として見たときにわが国の都市がどのような病理に侵されているかを示し、それをどのように診断し、どう免疫力や再生力を高めて活力を取り戻すかについて、「生き物に教えを乞う」という観点から新たな解決策を模索する。
著 者:谷口 守
発行日:2018年10月10日
出版社:コロ社
価 格:1,800円(+税)


「分子は旅をする~空気の物語」


  読みながら空気をテーマにサイエンスの旅に入る「物語編」と、科学的な側面の「解説編」とからなるユニークな本です。「物語編」は、読み物として楽しめます。この本を読んで美しく豊かな地球を考えてみませんか。(事務局)
監 修:岩村 秀
著 者:岩村 秀、吉田 隆
発行日:2018年5月12日
出版社:エヌ・ティー・エス
価 格:2,700円(+税)


「持続可能性社会を拓くバイオミメティクス」

編集:日本化学会

単行本:184ページ

出版社:化学同人(2018/3/26)

内容:ナノテクノロジーの飛躍的な展開により、表面やぬれ特性や形態・自己修復等、より広範囲な視点から生物の機能に学ぶバイオミメティクス研究が盛んになってきた。生物学と工学を情報科学で繋ぐという視点から、最先端研究や産業化の動向を解説する。


「今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい バイオミメティクスの本」

編著:下村 政嗣 編著、高分子学会バイオミメティクス研究会 編

単行本:160ページ

出版社:日刊工業新聞社 (2016/3/25)

内容:バイオミメティクスとは、動物や昆虫の動きや特徴を模倣して技術に活かすことである。生物のどんなところをどう技術に活かせるか、やさしく網羅的に紹介。小型飛行ロボット、空気抵抗の少ない乗り物の構造や表面、粉末状の接着剤など、環境にやさしく生活を快適にするヒントが満載。