特定非営利活動法人バイオミメティクス推進協議会

バイオミメティクスが新たなイノベーションを興す

 特定非営利活動法人バイオミメティクス推進協議会は、バイオミメティクスの知識基盤を整備・運用し、産業界、教育機関、研究機関、行政機関、および、一般市民を対象に人材育成、研究・開発を支援する事業を行い、環境共生型の持続可能な社会基盤の構築に寄与することを目的としています。

お知らせ

(2024/5/2 更新) 国内外のニュース 

■ (2024/5/20) おたる水族館…開館50周年記念特別展「生きものから学ぶ科学技術」~バイオミメティクスの世界に触れる~(NEW)

  2024年7月に開館50周年を迎えるおたる水族館で、バイオミメティクスに関する展示会が11月24日まで開催されています。この特別展をきっかけに、生物多様性を保つ地球環境の保全について考えてみませんか。展示は前半と後半で一部入れ替えがあり、前半は7/5まで、後半は7/13からとなります。(おたる水族館 FaceBook NHK

■ (2024/3/26) 下村政嗣先生退官記念講演会および祝賀会のお知らせ

  2024年7月5日(金)北海道大学学術交流会で講演会および祝賀会が開催されます。また、翌日は、関連行事としてバイオミメティクス市民セミナーも開催されます。
 詳細は、ウェブページ をご参照ください。

■ (2024/3/26) 国立沖縄自然史博物館誘致シンポジウム(東京開催)

  2024年3月22日(金)に笹川平和財団ビル 国際会議場で開催されます。参加費:無料(要事前申込み 3/19締切)となります。オンライン参加も可能です。
第1部 基調講演:今、なぜ国立自然史博物館が必要なのか?
第2部 座談会:国立沖縄自然史博物館の創設を国家的なプロジェクトとするために
詳細およびお申込みはウェブページ をご参照ください。

■ (2024/1/26) NHK Eテレ「地球ドラマチック地球は“ドキドキ”と“ワクワク”にあふれている」
 1月27日放映の「チョウが人類を救う? 〜小さな体に秘めた驚きのパワー〜」に大阪大学 齋藤 彰 先生が協力しています。最も身近な昆虫の一つである、チョウ。いま、人類を様々な危機から救う可能性のあるスゴイ昆虫として世界中の研究者から注目を集めている。チョウの驚きのパワーに迫る!!NHK

■ (2023/9/14) サイエンスフォトコンテスト2023「リキッドマーブルが準グランプリを受賞
 フランス大使館が主催するサイエンスフォトコンテスト2023「科学の幽玄 – Beauté cachée de la science」というコンテストで、大阪工業大学の藤井秀司教授、津村侑亮君(2022年度修了生)およびフランス国立農業食料環境研究所のAnne-Laure Fameau博士の共同研究成果の写真(リキッドマーブル)が準グランプリを受賞しました。(サイエンスフォトコンテスト2023 ウェブサイト

■ (2023/9/14) 令和5年度JCOMM賞地球を救うスーパーヒーロー生き物図鑑
 株式会社エクスナレッジより出版した地球を救うスーパーヒーロー生き物図鑑」を担当した狩谷恵子(株式会社エクスナレッジ)/さいとうあずみ/若井夏澄 の3名が、令和5年度JCOMM賞(デザイン賞)を受賞しました。ヒト以外の生き物を視座に置く「蟲瞰」で提案するこれからの社会、絵本のようなイラスト・誌面デザインで子ども達の感性を刺激、読者が「実施者」として活躍するきっかけを創出の工夫が評価されました。(JCOMM賞

■ (2023/9/2) 生き物スゴ技テクノロジー展(港区エコプラザ)
 東京都港区エコプラザにおいて小学校3~6年を対象としたイベントを開催します。(パンフレット

■ (2023/7/4) 進化から自然史を語る 2023(沖縄県立博物館)
 沖縄県立博物館・美術館特別展「みんなの進化展~命はつながっている~」の参画事業として"日本切の国立自然史博物館を沖縄に!"をめざし、特別講演会が開催されます。(パンフレット

 >> 過去のトピックス